トピックス



topics

●タナバタって、なに?(99.7.7)

 7月7日は、七夕です。
この日は、1月7日・3月3日・5月5日・9月9日とならぶ五節句のひとつで、奈良時代から行われている行事です。
 ところで、なぜ「七夕」と書いて“タナバタ”と読むのでしょうか。
この行事には、中国と日本の二つの起源があります。

 ひとつは、乞巧奠(きっこうでん)という中国の宮廷行事です。乞巧奠とは、手芸が上手になることを願って、7月7日の夜にそなえ物をする祭です。
 また、「織女と牽牛が、1年に一度この日に会える」という物語にちなんで、同時に星祭もします。この物語に似た話は中国以外にも、東南アジアから朝鮮半島にあります。

 もうひとつは、日本にもともとあった棚機つ女(たなばたつめ)という民間信仰です。棚機とは、はたおり機のことで、それを使って布をおるのが棚機つ女です。この女性は、川にけがれを流すための、巫女の役割もはたしました。7月7日のころは、もうすぐおとずれる7月15日のお盆のために準備をし、体を清める必要があったのです。
 また、収穫をひかえたこの時期、畑に「たなばた様」という神様が来るという考えがありました。里芋の葉にたまった水で、墨をすって字を書くなど、収穫祝いの意味があります。この収穫祝いのための祭壇も、棚旗(たなばた)とよばれました。棚はそなえ物を並べる板のことで、旗はこの棚の周りに立てた囲いの木(これが後にササになる)につるした、五色の短冊のことです。

 この中国と日本のふたつの行事がいっしょになって、現在まで伝わりました。そして、7月の夕方という意味の「七夕」を、「たなばた」と読むようになったのです。

 七夕では、短冊に願い事を書いてササに飾りますね。この風習は、江戸時代から始まったようで、中国では五色の糸をつるすそうです。ササも五色の糸も、縁起のよいものとされています。平塚(神奈川県)や仙台(宮城県)などの、七夕祭でみられるふきながしは、棚機つ女=織り姫の、おり糸をあらわしています。
 また東日本では、身のけがれを流すかわりに、人形やロウソクを船にのせて川に流し、自分も水浴びをするという風習がありました。これはネブタ流しとかネムリ流しといわれ、農繁期を前に眠気を水に流しておいはらう意味があります。なかでも、青森の夏祭であるねぶた祭が有名ですね。

 星祭としての七夕には、織り姫星と彦星が登場しますが、これは実際に夏の夜空で見ることのできる星です。
 星図のなかで、天の川の西(図では右側)にあること座のベガが織り姫星、東(図では左側)にあるわし座のアルタイルが彦星です(星図を押すと大きくなるので確認してください)。 ふたつとも一等星という大変明るい星なので、ほとんどの町で見ることができます。ぜひ、あなたも実際に探してみてください。
 この2つの星の近くにあって、やはり明るく輝く一等星に、白鳥座のデネブがあります。この3つの星は、今ならちょうど真夜中ごろ、頭の真上で輝いていて、とても目立ちます。この星の並びを「夏の大三角」といい、夏の星座をさがすてがかりにされます。

 ところが今の時期は梅雨で空が曇り、なかなか織り姫と彦星を見ることができません。これでは、1年に1度のデートもかないません。どうしてこんな時期に星祭をするのだろう?と思いますよね。
 実は、昔の七夕は今の暦とちがう旧暦を使っていたのです。ちなみに、今年の旧暦の7月7日は、今のカレンダーでいうと8月17日です。これなら、晴れてきれいな星空を楽しむことができそうです。
 現在でも、旧暦で七夕を行うところや、旧暦に近くするためにひと月おくれの8月7日に七夕を行うところがあります。

(中学生対象web原稿よりリトル)



<バックナンバー>

  • 「春一番」は荒れる日?(04.2.14)
  • ダイヤモンド富士(04.1.19)
  • 「文化の日」は何の日?(01.11.3)
  • 神無月、神在月(01.10.1)
  • 夏の風物詩「赤いほおずき」(01.7.9)
  • 彼岸花は地獄の花?(00.09.25)
  • 一人から始まった「母の日」が世界に…(00.05.09)
  • 今年から新しくなった「台風の名前」(00.02.13)
  • 大寒と「八甲田山死の彷徨」(00.01.21)
  • お正月と月の名前(00.01.12)
  • クリスマスっていつ?(99.12.20)
  • 勤労感謝の日(99.11.23)
  • ハロウィン祭(99.10.31)
  • 地震と震災(99.9.21)
  • 土用の丑の日ってなに?(99.7.24)
  • アポロ11号月面着陸から30年(99.7.20)
  • タナバタって、なに?(99.7.7)
  • サマータイムについて(99.6.1)
  • 時の記念日〜昔の時の数え方〜(99.6.1)
  • 府中の遺跡〜国分寺参道遺構発見〜(99.5.23)
  • 「碓氷峠鉄道文化むら」オープン!(99.4.16)
  • なぜ4月1日はウソをついてもいいの?(99.4.1)
  • さくらの不思議(99.3.27)
  • 東京大空襲(99.3.10)
  • ひな祭−いつからあるの? 何が飾られてるの?(99.3.2)
  • 冥王星がふたたび最遠の惑星に(99.2.10)
  • 2月は“光の春”−節分と立春(99.2.2)

  • 1998年以前のバックナンバー一覧はこちら

    ホーム「リトルのページ」へ戻る